INDEX ABOUT LINK
N A M E
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
 水晶
 蛍石
 ツイッター  
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  
25
青色のトパーズは一応レア(?)なので、私の鉱物コレクションの中でも、お宝感のある結晶標本のうちの一つです。この鉱物は光で退色するらしいので、専ら、フタ付き紙箱の中に安置してあります。はっきりと色がわかるし、結晶もしっかりしていて整っているほうです。また、サイズもそこそこ大きめでしょうか? このような母岩からはずれた分離結晶も、完成度が高ければ、魅力的ですよね。色付きの結晶はよく、放射線処理などをして、人工的に着色したり、濃くしたりしている場合がありますが、この標本は完全なるナチュラルです。鉱物標本というのは天然のものでなければならないので、人の手が加えられたものは価値がないと個人的に思っています。色についてもそうですが、研磨されているか否か、母岩が機械で整形されているか否かといったことなども、求める際の判断材料です。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.