INDEX ABOUT LINK
N A M E
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
 水晶
 蛍石
 ツイッター  
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  
59
水晶と赤鉄鉱(せきてっこう)が共生するクラシック標本です。赤鉄鉱は、いわゆる「鉄のバラ」と呼ばれているものです。銀黒色で、薄板状の結晶が何枚も連なっています。かなり昔に入手しましたが、時が経って、インスタで紹介されているのを見て、古典的な標本としての価値を再認識しました。なので、この標本を眺めると、まるで古い骨とう品を観ているような感覚になります。これはあきらかにおなじみの、あのとき買っといてよかったパティーンです。もちろん、こういうことばかりではありませんが、所有している古い標本に抱く感慨はたいてい「私は運がいい」です(笑)。とまれ、底面が平らにカットされているものの、なかなか風景のよろしい好標本と言えるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.