INDEX ABOUT LINK
N A M E
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
 水晶
 蛍石
 ツイッター  
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  
76
青鉛鉱(せいえんこう)の結晶が空隙に晶出しています。照りがあるので、結晶面があるのがわかりますが、形は判然としていません。鮮やかなブルーが特徴的で、この画像では若干、明るめに写っています。幅約4センチのプラケースに収まるミニチュア・サイズながら、リッチな印象を抱かせる標本です。今まで、ほとんど注目したことがない、アウト・オブ・眼中の鉱物種だったのですが、このたび、心に響いたというか、一つは持っておくべきではと入手しました。というのは半分ウソで、実は昔、サンプル程度の品を所有していました。当時は、カラー以外はとくに観るべきところのない、つまらない鉱物だと思っていました。肉眼的な結晶はめったになく、あっても高嶺の花といった固定観念がありました。現在でも、それは正しいようで、この鉱物のはっきりした結晶は、ネット上の画像を見て存在は知っていますが、一般市場ではあまり見かけません(たぶん)。そのせいかわかりませんが、この標本がなんとなく貴重品に思えてきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.