INDEX ABOUT LINK
N A M E
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
 水晶
 蛍石
 ツイッター  
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  
79
大昔に入手した標本は、今観ると、不思議な感覚にさせられます。どうしてかなと思うに、昨今市場でまったく見かけないタイプだからなのでは? ...このガーネットの母岩付き標本も、そう思ってしまう標本の一つです。白い母岩は珪線石(けいせんせき)とのことです。入手当時の感想は、何を隠そう、はっきりと憶えているのです。なぜなら、通販で届いた現物を観て、心底がっかりしたからです。しかし今観ると、とっても魅力的に思えます。不思議現象パート2というか、長い時を経ると、価値観が180度変わることもありうるという好例です。ラベルを見ると、産地がブラジルとありました。その点にも意外性を感じました。大きめの母岩に、大小2個の多面体結晶が埋もれています。カラーは一見黒っぽく観えますが、強い光をあてると部分的に暗赤色に観えます。鉱物標本の蒐集を始めたばかりの初心者のころは、ガーネットというと、この標本のような鉄ばん柘榴石(てつばんざくろいし)が一番の理想像だったのですが、ガーネットにもいろいろ種類があることがわかった今でも、憧憬をおぼえる種です。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.