1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
81
緑れん石のクラスタ標本です。カラーは独特の地味な暗緑色ですが、比較的太めの柱状結晶が群晶しているさまは、魅力的に観えます。個人的に言って、なんとなくどことなく、好感を抱かせる鉱物です。控えめな主張はまるで奥ゆかしい女性のよう(←おい)。ペルー産のこのタイプの標本をイーベイで見かけて以来、チャンスがあれば欲しいなと思い続けていました。鉱物標本をコレクションするうえで、この「思い続ける」という簡単に思える行為が案外重要です。頭のなかに欲しい標本があると、たいてい、アンテナにひっかかるんですよ。見つかるんですよ。このことは世界七不思議の一つです(うそ)。冗談はさておき、産地名が変わっていますね。大御所のmindatに記述があるので、由緒正しい表記のようです。緑れん石の「れん」は漢字で「簾」と書きます。コレは「すだれ」とも読めますが、何かご存知ですか? 名前の由来は、結晶の様子が「すだれ」みたいだからだとか。この標本は全然スダレチックじゃありませんね(笑)。


このエントリーをはてなブックマークに追加
  
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.