INDEX ABOUT LINK
N A M E
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
 水晶
 蛍石
 ツイッター  
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  
83
ペンタゴン石はカバンシ石(3番)と産地が同じで、見た目も(カラーも)なんとなく似ています。しかしながら、よく観ると、結晶が長く伸びている点が異なっているように思います。後者の場合、このようになっているのはあまり見たことがありません。ともなっている無色の細かい結晶は、輝沸石(きふっせき)と思われます。透明度の高い結晶なので、このような拡大画像にすると、キレイですね。この色味は、コレクターを虜にする魔力を秘めています。とはいえ、実はこの標本は、参考品でいいからという邪念により、入手に至ったシロモノです(汗)。たしか、ロットのなかで一番廉価のだったと思いますが、なかなかどうして、特徴がよくわかって、自分的には満足しております。最近(2020年現在)市場で目にする結晶は、感じが違うふうに見えますが、この標本はおそらく初期に出回ったモノだと思います。幅約4センチのプラケースに収まる、母岩付きの小品です。


このエントリーをはてなブックマークに追加




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.