1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
90
暗緑色の灰電気石(かいでんきいし)の結晶標本です。母岩となっている透明度のある白い結晶は菱苦土石(りょうくどせき / Magnesite)です。往時はこの産地の定番のコンボ標本として有名だったと思いますが、もはや、クラシック標本と言っていいかもしれませんね。かなり昔に入手したハズなので、うろおぼえですが、たぶん、海外から取り寄せた標本だと思います。幅約4センチのプラケースに粘土で固定してやっています。同産地では暗赤色っぽいカラーの結晶も産出します。そのタイプも過去に所有していたのですが、手放してしまったようです。実は、もう一つ、同じカラーのがコレクションにあります。そちらは柱面がやや長めで、くっついていると言うより、生えているように観えます。また機会があれば、アップします。この標本の心に響くポイントは、やはり、柱面が短い、平べったい結晶であるところです。母岩の菱苦土石については詳しくないのですが、鉱物の結晶に別の鉱物の結晶が付いているというのはままあるものの、なんとなく不思議な印象を受けます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.