1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
91
母岩のくぼんでいるところに、藍銅鉱(らんどうこう)の暗青色で、照りのある結晶が複数晶出しています。一つ一つの形は、日本語で何と表現すればよいか悩みますが、mindatのなかに " blocky " という記述を見かけました。母岩の緑色の部分は、孔雀石(くじゃくいし / Malachite)です。この中国のLiufengshan鉱山について、詳しくは知らなかったのですが、比較的有名な産地らしいですね。いつ書かれた記事かわかりませんが、この手の標本を中国で見つけるのは非常に困難で、見つかった場合、非常に高価であるとのことです。一般的に言って、良い標本というのは高額で取り引きされるものです。しかしながら、この標本を観察するに、そこそこイケているのではないかと親バカにも思うのですが、えらく廉価だったような記憶が...(汗)。とまれ、石というより、土のカタマリみたいな印象ではあるものの、自分的にはなんとなく好ましい感じがして、気に入っております。


このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.