1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
92
藍晶石(らんしょうせき)のクラスタ標本です。平板状の結晶が折り重なっています。カラーは青色をしています。灰色に観える部分は石英だとわかりますが、裏に付いている褐色の鉱物は何かわかりません(汗)。藍晶石は個人的に言って、大量にバケツ売りされているイメージがあり、あまり希少性を感じない鉱物です。しかし、コレクションに一つは持っておきたいですね。そう思うのはやはり特徴である青い色が魅力的だからでしょう。ただ、青いのしかないわけではないようです。また特筆できることに、結晶のへき開面上で、柱の方向に平行だとナイフでキズが付くが、直角では付かないところから、二硬石(にこうせき / Disthene)という別名もあるそうです(硬度の異方性 - 出典:「楽しい鉱物図鑑」)。とまれ、たいてい端面のない平べったい結晶をしていますが、それも含めて、なんとなく趣が感じられます。そういう感じを表現するために、「かわいい」とか、「おいしそう」とか、言っちゃうんでしょうね、しまいには箱入り娘になったり、嫁に行ったりします、石なのに!?(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.