1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
94
エジリンの黒い結晶が、白っぽい長石と共生している標本です。文献「楽しい鉱物図鑑」に、エジリンは暗緑色が標準とあったので、ところどころが緑色を帯びている理由がわかりました。この鉱物は真っ黒のイメージを持っていたので、そうなのかと、今頃になって気づかされました(汗)。和名は「錐輝石」(きりきせき)というそうです。その名の通りの、細くて先の尖った結晶の標本を過去に所有していたせいで、この標本のような太くて先が尖っていない結晶を観たときに意外性を感じました。カラーが地味なことから、あまり心に響かないというか、よっぽどのことがない限り、まず入手しようとは思わない鉱物です。でわなぜ、今、手元にあるのか? ...実は、この標本は、ディーラーさんが誤発送されたものなんです。いくらか値引きしてくださったので、購入したのですが、このご時世では海外においそれと返送もできないですから、しぶしぶというより、なかばヤケでした(笑)。とまれ、第一印象が「デカブツ」なので、存在感のある、いい置き物にはなりそうです。なお、長石については、厳密には正長石とか、微斜長石とかになるのですが、ココでは「長石」とだけ表記しておきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.