1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
98
日本の鉱物ニュー・ジェネレーション(?)の間では、鉱物の名称をカタカナで呼ぶのが流行ってるらしいですが、それでいくと、スペサルティンと表記すればいいようです。満ばん柘榴石(まんばんざくろいし)はガーネットの一種です。ひと昔前は、この中国産がよく出まわっていました。今でも比較的簡単に手に入ると思われます。この標本は、長石を母岩として、オレンジ色の多面体結晶が点在しています。この画像で言うと、中央よりやや左の上のほうに付いている、ひときわ大きい結晶のサイズは約6ミリあります。この産地の標本は、煙水晶をともなったり、まれに蛍石なども共産することがあります。当時は、数的にかなり多く見かけたためか、あまり心に響きませんでしたね(汗)。いつもの、一つは持っておこうというアレで、今、手元にあります。とかいって、なぜか、前述のいろいろと共生しているバージョンも所有している模様...。とまれ、内寸幅約5.5センチのプラケースにギリギリ当たるか当たらないかでおさまっております。ふー


このエントリーをはてなブックマークに追加
  
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ  




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.