101 102 103 104 105
106 107 108 109 110
111 112 113 114 115
116 117 118 119 120
121 122 123 124 125
126 127 128 129 130
131 132 133 134 135
136 137 138 139 140
141 142 143 144 145
146 147 148 149 150
151 152 153 154 155
156 157 158 159 160
161 162 163 164 165
166 167 168 169 170
171 172 173 174 175
176 177 178 179 180
181 182 183 184 185
186 187 188 189 190
191 192 193 194 195
196 197 198 199 200
106
灰クロム柘榴石(かいくろむざくろいし)の結晶が、母岩に群晶している標本です。カタカナ表記のウバロバイトのほうがなじみがある名称かもしれませんね。ガーネットの一種で、鮮やかな緑色をしています。この産地の標本は、今まで、肉眼的な結晶をしているのが売られているのを見たことがありませんでした。もちろん、それはただのリサーチ不足なのですが、最近、濃いカラーの結晶標本に傾倒するようになって、この標本に出会いました。幸運なことに、複数あるなかから、自分の好みの標本を選んで購入することができました。母岩の大きさや形にまでこだわるのはイキ過ぎかもしれませんが、この標本は、十分にふくよかな感じで、好ましい印象を受けます。結晶は照りが強く、透明感があります。結晶のサイズは2ミリと表記しましたが、最大のが、それくらいあるかないかくらいです。この程度でも、大きいと感じてしまうほど、ほんとに微細なものしか見たことがなかったので、発見したときは、いつもの口癖「これはイイ」が出ましたね(笑)。





このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.