101 102 103 104 105
106 107 108 109 110
111 112 113 114 115
116 117 118 119 120
121 122 123 124 125
126 127 128 129 130
131 132 133 134 135
136 137 138 139 140
141 142 143 144 145
146 147 148 149 150
151 152 153 154 155
156 157 158 159 160
161 162 163 164 165
166 167 168 169 170
171 172 173 174 175
176 177 178 179 180
181 182 183 184 185
186 187 188 189 190
191 192 193 194 195
196 197 198 199 200
119
真っ黒い鉄電気石(てつでんきいし / Schorl)を母岩として、水色透明で、6角柱状のアクアマリンの結晶が複数生えている標本です。入手当時のことを思い出してみるに、母岩付きがどうしても欲しかったらしく、かなり無理をして、海外から、お取り寄せした標本だと思われます(汗)。のどもと過ぎればなんとやらで、今では、とくになんとも思わなくなっております(←オイ)が、よくよく考えると、今現在でも、このような標本となると、なかなか入手が難しいのではと、見識を改めねばならないかもしれませんね。とまれ、カラーがこの産地特有のようで、比較的、濃い感じに見えます。裏を観ると、鉄電気石は長石に付いていたらしく、長石片がこびり付いています。風景としては、結晶の生えている方向がちぐはぐになっているので、不格好に見えたりしますが、私的には、かえってそのほうが自然らしさが垣間見えて、よろしいかなとは思います。しかし、結晶鉱物の花形と言っていいくらい、この鉱物が好きな蒐集家というのは、おそらく大勢いらっしゃるに違いありません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
I N D E X
N A M E
A B O U T
L I N K
 水晶
 蛍石
 インスタグラム  
 ブログ  
 ヤフオク!  
 ショップ




Copyright © MINERAL COLLECTION, All Rights Reserved.